2023年4月グループホームOPEN!

来春、秋篠茜会に新しい施設、グループホーム「きたまちテラス」がオープンします。

奈良市西大寺北町における福祉・医療複合施設として整備し、認知症を持つ方も、その方らしく安心して地域で暮らしていけることを目指しています。

そのために、これまで北町で長年地域医療に携わってこられている「きたまちクリニック」さんがグループホームの建物の1階に入ってくださることとなりました。

医療と介護の両輪で、力を合わせていきます。

 

工事中は、近隣の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしておりますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

また、入居申し込みも受け付けております。

認知症の診断をされている方、要支援2以上の認定を受けてらっしゃる方が対象です。

お申し込みのご検討、ご相談のある方は、こがねの里(0742-52-4315)へご連絡ください。

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます
 今年のご挨拶も、「世界全体が感染症のパンデミックという大きな脅威が継続する」なかでのスタートになりました。
 昨年は、感染症の流行の波のたびに、福祉事業所は、「いつ感染するか」「感染させてしまわないか」という極度の緊張と不安・休めない状況がつづき、依然として先を見通せない状況も続いています。「密」を回避しきれない対人援助が基本の中、最大限の感染防護を講じながら事業を継続させ、役割を発揮することに努めてきました。

 同時に、新型コロナウイルス感染症は、社会福祉施設・事業所がその重要な役割を発揮するには、生活を支える基礎的な仕組みとして社会保障が充実していることが重要であることを改めて浮き彫りにしました。
 「人権としての社会保障」の充実を求める声と共同を広げ、変革する機会としてとらえ、困難が直撃したとりわけ低所得あるいは生活基盤が脆弱な人びとの暮らしを支える地域の期待に応える福祉の拠点として役割を大いに発揮していきたいと思います。

 目下の新たな変異株による感染の広がりは予断を許さない状況で、利用者の方や当法人にとっても不安な状況が続く情勢ですが、人々のいのち、健康に深く関わる福祉事業に携わる法人として社会保障充実に向けた意思表示と行動を起こしながら、法人理念である基本的人権の尊重と人間尊重の立場を改めて意識しながら、役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思います。
旧年中のご支援・ご協力に深く感謝するとともに、新年も引き続きのご支援やご鞭撻をお願い致します。

原水爆禁止世界大会2018 壮行会

8/2、原水爆禁止世界大会への職員派遣の壮行会を行いました。

原水爆禁止世界大会とは、1955年8月に広島で始まり、翌年は長崎で開催されて以降、毎年世界の人々と連帯して、核兵器のない世界を目指して開催されてきた大会です。
現在、核兵器廃絶は、核兵器廃止条約の成立や南北首脳会談を経て発表された「板門店宣言」に記された朝鮮半島の非核化など、世界の大きな流れに発展しています。

壮行会では、それぞれの事業所で集めたカンパと平和の願いを込めて折った折り鶴を託しました。
参加する職員からは、「以前、一度広島へ行き、原爆資料館等を見学した事はあるが、恐怖心から、正面切って知ろうとする事ができなかった。今回、被爆者の方にお話を聞く機会もあるため、しっかりと学んできて、今後の糧にしていきたい」と決意表明がありました。

        

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

2015年4月に増室したこがねの里は、職員等の体制の課題からショートステイを含む全館オープンとなったのは2016年5月(昨年)と、一年がかりとなり、お待ち頂いた皆さんには大変ご迷惑をお掛け致しました。

12年前の酉年、2005年は私たちを取り巻く情勢や制度が大きく転換期を迎えた年です。

2005年度の介護保険制度改定(一部2016年度施行)では、「地域包括支援センターの創設」や、現在の「予防給付」が制度化されました。また、特養ホーム等の食費・居住費が自己負担化となった年でもあります。この予防給付は、12年を経た今年の2017年4月より介護予防・日常生活支援総合事業へと移行することとなっています。

そのような情勢の中、法人理念の第1の柱でもある、「基本的人権を尊重」して、尊厳ある実践を引き続き追及し、同時に憲法の重要性を繰り返し学びながら、人間尊重の立場に立った実践に取り組んでいきたいと思います。

2017年は丁酉(ひのととり)。「酉の市」という言葉があるように商売には縁起のよい年とされています。酉はとりでも元来は、果実が成熟に達した状態を表す「緧」を表すとされています。

今年は、法人にとって実質的な社会福祉法人制度改革元年となります。成熟した実を取り出し、地域活動や公益活動に積極的に取り組み、地域に還元していくべく、引き続き役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします

8月のPeaceの魔法 「パパとふれあい遊び」

今年はパパだけのふれあい遊びをしました。パパにつかまったり、手をつないだり、いっぱい遊んだよ。バルーン遊びで子ども達も大活躍、最後はパパトークで懇談しました。

こども10名 パパ10名の参加でした。

1   4  2    3

8月のPeaceの魔法  メロディ・アリサの「ミュージック・ケア」

メロディ・アリサさんと楽しくいっぱい遊びました。Peaceのみんなとあかね保育園にじ組さんも一緒に遊んだよ!鳴子でリズムを取ったり、バルーンでボール遊び、さいごはシャボン玉。子ども21名 大人20名 にじ組さん 18名 他6名の参加でにぎやかでしたよ。

1   2    3  4

6月のわくわくPeace 泥んこ遊び

あかね保育園の園庭で、泥んこ遊び楽しかったね~

 いっぱいいっぱいいっぱいあそんだよ

24 23

終ったあとは、Peaceの先生から手遊びと紙芝居をしてもらいました。21

保育園の給食の先生に手作りクッキーを頂きました。おいしかったよ。

22 こども27名大人26名参加。