12月4日 平和企画

平和委員会の呼びかけで立命館大学国際平和ミュージアムに各施設から10人で行ってきました。

heiwa1_1.jpgheiwa4.jpg

ボランティアガイドの方の平和への熱意あふれる説明や体験談、数々の展示物、写真や資料から戦争の悲惨さをまざまざと実感することができました。憲法9条をもつ国として、不戦の誓いを心に刻んでいくことの大切さを学びました。

「一五年戦争」の被害・加害の実相から現代の紛争・戦争までの展示されています。また、飢餓、貧困、人権抑圧、原発問題、地球環境問題など、人間能力の開花を疎外する様々な「暴力」と、それを克服して平和な社会を築く筋道が紹介されています。戦没画学生の遺作・遺品を展示する「無言館/京都館・いのちの画室(アトリエ)」もありました。いのちと寄り添う保育・介護の従事者として平和と福祉を一体のものとして学び微力でも行動していきたいと思いました。

heiwa2.jpgheiwa3.jpg