入所部門 職員会議

今月の研修報告は2本、認知症ケアの研修報告でした。

DSCN4266.jpg◇パーソンセンタードケア・・・ワークショップ形式の研修を、レジュメや具体例で分かりやすく伝達。

◇バリデーション・・・具体的な例を挙げて、バリデーションの考え方を伝えてもらいました。

 

DSCN4265.jpg どの対応が正解かと聞かれると、なかなか答えられない認知症ケアですが、どちらの報告も、「その人や、認知症の(時に問題行動と言われてしまう)症状の外観だけを捉えて判断・対応するのは、介護の専門性ではないのではないか」という感想に共感しました。

会議後半・・・

DSCN4273.jpg DSCN4271.jpg 

DSCN4278.jpg今回はグループワークでKYT(危険予知訓練)を実施しました。
KYTは昨年に引き続き2回目。
今年は、5月の事故防止検討委員会の学習で修得した「事故再発防止のための3つの視点」を、
グループ目標を組み立てる際に盛り込んでみました。

 

DSCN4285.jpg DSCN4290.jpg

DSCN4295.jpg

 

 グループ行動目標は、全員で唱和して
指差し確認しますウィンク

 事故防止検討委員会の提起を受け、
事故カンファレンスや再発防止策を
「3つの視点」で検討するため、
カンファレンス書式を見直すなど検討してきました。

今回の「3つの視点」を盛り込んだKYTは、今後の事故カンファレンスの訓練も兼ねられたと思います。