新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

 昨年度は社会福祉法人制度改革が全面的に施行されました。その概要は、公共性や非営利性を徹底し、説明責任を果たしながら地域社会に貢献することが主な内容となっています。これらへの対応を行うなかで、法人理念「基本的人権の尊重」「人間尊重」の視点を実践で常に貫徹することが必要であること、当法人の使命を再確認する機会ともなりました。

2018年は「戊戌(つちのえいぬ)」。一説には、戊戌は良いこともそうでないこともはっきり分かれる年とされています。

2018年4月には、医療、介護、障害福祉サービスの報酬改定(トリプル改定)が控えています。当初の財政論に端を発した制度の持続可能性の確保(給付範囲の抑制と利用者の負担増)一辺倒の論議でしたが、この間、国民のみならず事業者や事業所で働く福祉職員の声が大きくなり、当初の政策案にも変化が見られます。

受給者・利用者の生活の持続性確保を中心に据えた議論と制度改定を強く求めるともに、ますます保育や介護に携わる人材が必要となるなか、よりよい保育や介護実践を目指す人の増加に資する施策も求めていきたいと思います。

様々な社会不安が取り巻く情勢ですが、社会福祉法人として基本的人権の尊重と人間尊重の立場を意識しながら地にしっかりと足をつけ、地域活動や公益活動など役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします