こがねの里

家族の会 夏の環境整備

    6月2日、こがねの里入居者家族の会の皆さんで、施設周囲の環境整備(草刈り)をして下さいました。こがねの里を良くする会の会員さんや職員も一緒に行いました。

 KODAK Digital Still Camera  KODAK Digital Still Camera  KODAK Digital Still Camera

梅雨の前の良く晴れた日だったため、とても日差しが強く、皆さん汗だくに。熱中症、脱水予防のため、水分補給を行いながら、1時間弱ほどでしたが、草が膝位までのびて、うっそうとしていた施設周囲がたいへんスッキリとした庭になりました。

ありがとうございました。

 KODAK Digital Still Camera  KODAK Digital Still Camera  KODAK Digital Still Camera 

環境整備の後は、地域交流室で休憩しながら、家族様同士の交流とともに施設への希望等のご意見を伺う機会となりました。また、こがねの里を良くする会の会長さんから、6月23日に開催する良くする会総会後の学習会のご案内がありました。

            KODAK Digital Still Camera

ご家族様や地域の方々、さまざまな方のご協力をいただいています。

本当にありがとうございます。

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

 昨年度は社会福祉法人制度改革が全面的に施行されました。その概要は、公共性や非営利性を徹底し、説明責任を果たしながら地域社会に貢献することが主な内容となっています。これらへの対応を行うなかで、法人理念「基本的人権の尊重」「人間尊重」の視点を実践で常に貫徹することが必要であること、当法人の使命を再確認する機会ともなりました。

2018年は「戊戌(つちのえいぬ)」。一説には、戊戌は良いこともそうでないこともはっきり分かれる年とされています。

2018年4月には、医療、介護、障害福祉サービスの報酬改定(トリプル改定)が控えています。当初の財政論に端を発した制度の持続可能性の確保(給付範囲の抑制と利用者の負担増)一辺倒の論議でしたが、この間、国民のみならず事業者や事業所で働く福祉職員の声が大きくなり、当初の政策案にも変化が見られます。

受給者・利用者の生活の持続性確保を中心に据えた議論と制度改定を強く求めるともに、ますます保育や介護に携わる人材が必要となるなか、よりよい保育や介護実践を目指す人の増加に資する施策も求めていきたいと思います。

様々な社会不安が取り巻く情勢ですが、社会福祉法人として基本的人権の尊重と人間尊重の立場を意識しながら地にしっかりと足をつけ、地域活動や公益活動など役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします

12/25クリスマス会

ツリー大 こがねの里クリスマス会を開催しました。 GE DIGITAL CAMERA

 

サンタクロースはイブのお勤めでお疲れだったのか、ご登場頂けませんでしたが、雰囲気を少しでも味わって頂こうと、職員が朝からサンタ帽をかぶり、介助にあたりました。

午後に、コーラスボランティアさんにお越し頂き、クリスマスソングを披露して頂きました。

デイでのアラカルトさん     アラカルトさん1

デイサービスと入所部門の2部構成でお願いしたため、移動や用意など、慌ただしくなってしまいましたが、利用者さんの前では、優雅に楽しく素敵な歌声を響かせてくださり、大変感謝しております。

ありがとうございました。

GE DIGITAL CAMERA   ♪ささやかながらクリスマスケーキ♪    GE DIGITAL CAMERA

 

入所部門では、1年間の行事をスライドで振り返り、時間の速さを実感しました。

KODAK Digital Still Camera

来年も、笑い合い楽しい時間が過ごせるよう、努めていきたいと思います。

 

 

第15回こがねの里秋祭り

      IMG_0191

10月28日(土)はこがねの里秋祭りでした。

今年の週末は、天候に恵まれず、祭り当日も朝から雨でした。

晴天時は、駐車場を全面的に使用して祭り会場にするのですが、新館のピロティの屋根がある所を活用して模擬店のエリアとしました。

  2P4A1964_(2)  IMG_0216

若干、手狭な感じはありましたが、皆さん工夫して出店してくださいました。

今年は、地域のお店の方々が出店くださり、これまでの祭りにない品目が並びました。

利用者さんより、職員等関係者の方が目を輝かせていたかも…。

       DSCF0517

舞台は、和太鼓やコーラス、利用者さんの出し物等、多くの演目を予定していましたが、全て中止…。

利用者の皆さん、この日を目指して練習してこられただけに、大変残念がっておられました。

また、初めて祭りに出演下さる団体の方もあり…。ぜひ、来年、お願いしたいです。

1つのボランティアグループさんが、祭りの時間、地域交流室で演奏して場を盛り上げてくださいました。

 

あいにくの雨でしたが、ご出店くださったお店の皆さん、ご協力くださったボランティアさんの皆さん、また足をお運びくださったご利用者さんやご家族の皆さん、地域の方々、本当にありがとうございました。

感染症対策学習会

こがねの里感染症対策委員会主催の全職員向けの学習会を9/27に行いました。

これから流行の可能性があるインフルエンザと涼しくなってきたとはいえ油断のできない食中毒について学びました。施設は集団で生活しているため、感染症が発生すると蔓延する可能性もあります。また、体力が低下している方や免疫力が低下している方も少なくなく、重症化の危険性もあります。利用者さんの安全と健康を守り、職員が感染の媒介とならないよう、改めて注意すべき点を学びました。

また、実際に手洗いチェッカーを使用しての手洗いチェック。

      DSC_0054

蛍光液を汚れに見立て、洗いますが、なかなかとれません。

また、利用者さんが嘔吐された時の対応。

   2017092719280000.jpg     2017092719370000.jpg

ガウンテクニックは看護師が見本を見せます。

皆で着用し、実際に嘔吐物に見立てた半固形物を処理しました。

頭も体を使って学び、感染症対策についての意識を高めました。

   2017092719340000.jpg

 

西大寺北地区ふれあいまつり

                                 20170910m (1)

9月10日に、西大寺北ふれあい会館と近隣公園で行われた西大寺北地区のふれあいまつりで、介護相談と車椅子体験を行いました。

西大寺北地区自治協議会主催で行われた第一回のふれあいまつり。午前中は、奈良西警察署による交通指導や射的、ヨーヨー釣り等、午後からは平和会による健康チェックや絵本交換会等が行われました。

秋篠茜会としても、少しでも地域の人々へ福祉用具や事業を知ってもらい、また何か困りごと等があれば気軽な相談窓口になれるよう努めました。

車椅子は、主に子どもたちからの興味関心が高く、「ちょっとしだ段でも乗り越えるのが大変」「下り道で思ってもいない位にスピードが出る」と驚きをもって体験されていました。

介護相談では、物忘れが多くなってきたという悩みや実際介護保険サービスを使いたいときにはどこに相談しに行けば良いのかといった相談がありました。

今後も、地域の中で社会福祉法人として役割を果たし、地域の皆様とともに今後の福祉サービス等の在り方を考えていきたいと思います。

夏の風物詩 流しそうめん

7月7日 七夕にちなんで、夏の恒例行事 流しそうめんを、こがねの里デイサービスの利用者さんと子育て支援センターPeaceの皆さん5組で楽しみました。

とても、楽しいひとときで、雨の予報を吹き飛ばすほど会場は熱気に包まれました。

そうめんが流れるたび歓声があがり、大盛り上がり♪

  そうめん1     そうめん3

そうめん以外にカラフルな白玉、トマト・缶詰のフルーツなどなど。

白玉を初めて食べる子どもさんにも好評でした。

                                             そうめん4

流しそうめんのあとは、旗揚げゲームと七夕の歌を歌いました♪

                                      そうめん2

家族の会 春の環境整備

6月3日(土)、こがねの里入居者・家族の会主催にて、春の環境整備をして頂きました。

GE DIGITAL CAMERA  GE DIGITAL CAMERA  

梅雨前の晴天で、風さわやかで暑すぎる事もなく、たいへん良い気候に恵まれました。家族の方が16名、家族の会OBの方も来て頂き、職員を含めて約20名で行いました。

毎年、大変な事になっている中庭は、さすがに業者に依頼し、3階の本館北側と新館遊歩道、2階テラス、1階駐車場周囲を行いました。

1時間ほどではありましたが、結構な量の草を除去して頂きました。

 GE DIGITAL CAMERA  GE DIGITAL CAMERA  GE DIGITAL CAMERA

 

環境整備後は、ご家族同士や施設との意見交換や行事等のお知らせをさせて頂きました。

            GE DIGITAL CAMERA

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

2015年4月に増室したこがねの里は、職員等の体制の課題からショートステイを含む全館オープンとなったのは2016年5月(昨年)と、一年がかりとなり、お待ち頂いた皆さんには大変ご迷惑をお掛け致しました。

12年前の酉年、2005年は私たちを取り巻く情勢や制度が大きく転換期を迎えた年です。

2005年度の介護保険制度改定(一部2016年度施行)では、「地域包括支援センターの創設」や、現在の「予防給付」が制度化されました。また、特養ホーム等の食費・居住費が自己負担化となった年でもあります。この予防給付は、12年を経た今年の2017年4月より介護予防・日常生活支援総合事業へと移行することとなっています。

そのような情勢の中、法人理念の第1の柱でもある、「基本的人権を尊重」して、尊厳ある実践を引き続き追及し、同時に憲法の重要性を繰り返し学びながら、人間尊重の立場に立った実践に取り組んでいきたいと思います。

2017年は丁酉(ひのととり)。「酉の市」という言葉があるように商売には縁起のよい年とされています。酉はとりでも元来は、果実が成熟に達した状態を表す「緧」を表すとされています。

今年は、法人にとって実質的な社会福祉法人制度改革元年となります。成熟した実を取り出し、地域活動や公益活動に積極的に取り組み、地域に還元していくべく、引き続き役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします