あやめの里

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

2015年4月に増室したこがねの里は、職員等の体制の課題からショートステイを含む全館オープンとなったのは2016年5月(昨年)と、一年がかりとなり、お待ち頂いた皆さんには大変ご迷惑をお掛け致しました。

12年前の酉年、2005年は私たちを取り巻く情勢や制度が大きく転換期を迎えた年です。

2005年度の介護保険制度改定(一部2016年度施行)では、「地域包括支援センターの創設」や、現在の「予防給付」が制度化されました。また、特養ホーム等の食費・居住費が自己負担化となった年でもあります。この予防給付は、12年を経た今年の2017年4月より介護予防・日常生活支援総合事業へと移行することとなっています。

そのような情勢の中、法人理念の第1の柱でもある、「基本的人権を尊重」して、尊厳ある実践を引き続き追及し、同時に憲法の重要性を繰り返し学びながら、人間尊重の立場に立った実践に取り組んでいきたいと思います。

2017年は丁酉(ひのととり)。「酉の市」という言葉があるように商売には縁起のよい年とされています。酉はとりでも元来は、果実が成熟に達した状態を表す「緧」を表すとされています。

今年は、法人にとって実質的な社会福祉法人制度改革元年となります。成熟した実を取り出し、地域活動や公益活動に積極的に取り組み、地域に還元していくべく、引き続き役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

旧年中は特別養護老人ホームこがねの里増床工事もようやく竣工し、4月より開設することが出来ました。これもひとえに日々ご利用いただいている利用者・ご家族の皆さまをはじめとして、地域の方々や関係諸団体の多大なご支援とご協力の賜物であり、改めて感謝申し上げます。

当法人や地域を取り巻く情勢では社会保障制度は大きな転換期を迎えました。改定された介護保険法や保育子育て新システムが2015年4月から施行され手探りでの運営となりました。
そのような情勢の中、改めて「基本的人権が尊重されること」の大切さや憲法の重要性を繰り返し学び再確認するとともに、これまで以上に人間尊重の立場に立った実践はどうあるべきかを事例や実態をもとに取り組んできました。また平和な日本の実現には、どうあるべきかということを国民一人一人が考えさせられる年であったように思います。

2016年は、丙申(ひのえさる) 「丙」は、成長が明らかになってくるを意味するとも言われます。一方、「申」はその語源からは成熟していき、固まっていく状態を表すともいわれています。こがねの里増改築を最終として完了した法人の中長期計画でその形が明らかになったことを踏まえ、その実を固め成熟させていく年でもあり、引き続き平和な暮らしをめざして役職員一丸となって日々の実践と運営に取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

2016年元旦
社会福祉法人秋篠茜会

岡崎 祐司氏(佛教大学)を招き学習会 99名が参加(第5回学術運動交流集会)

写真1  写真2

12月6日にこがねの里地域交流室で、『命みつめて、笑顔をつなぐ地域と社会をつくろう』をテーマに、第5回学術運動交流集会を行いました。外部参加者も含めて99名が参加しました。

各事業所から事例を持ち寄り、高齢者や子どもといった専門分野の違いを超えて、福祉従事者として、対人援助職としての成果や教訓を共有し、積極的な討議を行いました。

写真4 写真5

事例発表の後、佛教大学の岡﨑祐司先生を招いて、「権利としての社会保障・社会福祉、福祉職員への期待」をテーマに講演頂き、現在の社会情勢と政府が進めている政治の方向性について、分かり易く教えて頂きました。また、福祉従事者として、社会の事を正しく認識し、社会に働きかけていく重要性を仰っていました。

質疑応答では、今の学生は本当に真面目にいろいろな事を考えており、優しさも持ち、さまざまな事に悩んでいる事を、事例を通して答えて下さりました。また、短期的な利益を追求している今の政府や財界は将来的な展望は何も持っていないと分析されていました。

参加者からは、「少し難しかったが、普段考えていなかった事を考えるきっかけになった」「今まで疑問に思っていた事がすっきりした」等の感想があり、大成功のもとに閉会しました。

第12回こがねの里秋祭り

GE DIGITAL CAMERA2013年11月3日に、第12回こがねの里秋祭りを開催しました。午前中から、小雨が降ったり止んだりと不安定な天候でしたが、当日のプログラムはなんとかすべて実施することができました。模擬店は、たこ焼き、焼きそばなどの定番メニューなど11店に加えバザーなどを出店しました。
当日はほとんどすべてのお店をボランティアの方々に担当して頂いていますが今年は60名のご協力を頂き、本当にありがとうございました。

 IMG_4934 開会にあたり、今年9月に発足した特別養護老人ホームこがねの里を良くする会の会長ご挨拶と役員の方々の紹介がありました。この秋祭りも良くする会と共催で開催することができました。

 

IMG_4882IMG_4954IMG_4888IMG_4884IMG_4951IMG_4878

舞台企画のトップバッターは、珍しいクロマティックアコーディオン演奏。小雨が降る中でエントランス前での演奏となってしまいましたが、どこか懐かしく心和むアコーディオンの音色が会場を包みました。
IMG_5024IMG_5013

IMG_5105IMG_5058IMG_5081IMG_5105IMG_5121

それぞれの事業所からの出し物は、小規模多機能ホームあかりの家です。
職員自らが構成した「黄門さま」の劇を披露してくれ、会場の笑いを誘います。水戸黄門のテーマの替え歌はあかりの家利用者も大きな歌声で参加して頂きました。

介護予防サイクルハウスあこだは、今回の秋祭りへの出演に先立ちグループを結成し、利用者の方7名が、ノリの良い歌にあわせて元気な踊りを見せてくれました。

こがねの里デイサービスの利用者の方は、日ごろこがねの里に来て頂いている歌の和さんとのコラボレーションでした。
歌の和さんは拍子木を鳴り響かせ、相撲甚句も。
デイサービスの皆さん20名は、この日のために何ヶ月も前から練習を重ねてこられました。歌の和さんの三味線、ソーラン節に合わせて体をいっぱい使っておられました。

龍由鼓さんは、昨年に引き続いてのご出演です。
10名での太鼓演奏は迫力満点でした。会場の方のなかには、太鼓の音にあわせて自然と手が動いておられる方もおられました。

入居者、ショートステイの皆さん23名は、加山雄三の「お嫁においで」の曲にあわせてのフラダンスです。
昨年からは、更に磨きをかけた踊りを披露してくださいました。

舞台企画のラストは、入所部門の職員11名が「上を向いて歩こう」カバーバージョンにあわせての手話コーラス。
練習を重ねた成果か、本番もバッチリでした。

あやめの里収穫祭「芋パーティー」 11/23

グループリビング「あやめの郷」で、勤労感謝の日に秋季の収穫祭が開催されました。

入居者の方と法人職員合わせて11名が集い、あやめの里の農園で野菜作りに奮闘されています副自治会長さんと調理を担当していただいたこがねの里のヘルパーさんの勤労に感謝し、良質な里芋が収穫できたことを祝いテーブルを囲みました。

imo5.jpgimo3.jpg

 

 

 

里芋の関東煮、里芋ご飯、鮮魚のカルパッチョ、柿と大根のなます等豪華な料理が並ぶなか一同舌鼓を打ち楽しいひとときを過ごしました。

imo2.jpg

imo4.jpgimo1.jpg

まだ現在も収穫が続いている里芋はこがねの里喫茶室「虹」で販売中です。

第4回 建設・運営協力会定期総会(あやめの里) 6/25

6/25(土)、第4回秋篠茜会生活共同運営住宅建設・運営協力会定期総会が、介護予防サイクルハウス・あこだの3Fで開催されました。

開催前のセレモニーとして、あやめの里入居者の方々が中心となった音楽サークル
「ビタミンA」による演奏を行いました。

1.JPG 2.JPG

S2.jpg 総会は、役員補充や活動方針などの議論がなされました。

現在空室があることからも満室にするためにたくさんのご意見を頂きました。

 

S1.jpg

 協力会の協力も頂きながら、課題解決について法人で取り組んでいくことが報告されました。

壬生菜なべは2回目!

昨年は3月に催された壬生菜鍋を囲んでの食事会は、今年は雪の影響もあってか?(きっと関係ないと思うが…)昨日、招待頂いた。

DSCN3058.jpg今、あやめの里では週3回夕食の食事づくりで家政サービスがあるのだが、準備のために行ってくれているヘルパーさんが「どんなお鍋になるのか想像がつかないわ…」と洩らしていた。それも其のはず。あやめの里での壬生菜鍋は独特で取れたの野菜(壬生菜)をふんだんに楽しむ。(前回ブログをご参照あれ

今年も青々とした壬生菜を囲んで、楽しいひと時を過ごした。

DSCN3056.jpg

あやめの里は個々の活動の自由が基本であるが、共同生活の安心、楽しさがある。それが今日の機会。あやめの里の運営に日々協力して下さっている地域の方もご参加くださっていた。

 

DSCN3059.jpg 夕方6時の乾杯に始まり、
ふと気がつくとまだ7時半。
そこで自治会長の一言。
「まだ、こんな時間や。(まだまだ飲み明かせる!)」
その言葉につられてワイワイ話し込み続けてしまった。

 

 

 

DSCN3061.jpg 最後に参加された方の人生のエピソードを聞きながら、たら・ればではないが、エピソードが一つでも違えば、ともすれば出会わなかったのかもしれない、そんな貴重な出会い・集まりであることを実感し、また次回の開催に期待したい。

あやめの里 消防訓練

1/20(木)に あやめの里の防災避難訓練を行いました。

DSCN2692.jpg 職員と入居者の方々で、
消防設備や
避難経路・避難方法を確認。

 

DSCN2699.jpg消火器の取扱い練習も行いました。

 

 

少し寒そう…

 

日頃からの防災意識は大切だと実感しました。
お疲れ様でした笑顔

♪音楽サークル 【ビタミンA】

「グループリビングあやめの里」に入居されている方、地域の方々と、こがね・あこだの職員で
2009年に結成したサークル
【ビタミンA】

活動と共にメンバーや楽器が少しずつ増えています。

IMG_1963.jpg

初舞台
(去年1月 ボランティア新年会での発表)

IMG_1947.jpg

IMG_0159.jpg昨年のこがねの里秋祭りの舞台にも出演して下さいました。

 

いつもお揃いの衣装で楽しませてくれます。

 

♪…♪♪♪♪…♪♪「あやめの里」での練習にお邪魔しました♪…♪♪…♪♪

DSCN2310.jpg

上の、明かりのついている階が、
トレーニングマシンのある
【介護予防サイクルハウス・あこだ】の3F。
4Fにはプールがあります。

 

 

DSCN2309.jpg 「あやめの里」の玄関。

 

 

 

DSCN2284.jpg新年のご挨拶とともにチューニングが始まりました。

和やかで
にぎやか

 

今日の練習曲は、、、 次の舞台に向け、まだ秘密です!

DSCN2304.jpg
年末年始をはさみ、
久しぶりの練習という事でしたが
キレイな音色でした♪

DSCN2294.jpg

 

会話も楽しみながら…

 

 

心も温まるひと時でした。

次の舞台も楽しみです★

あやめの里1周年パーティ

 

10.04.24ayame.jpg 2週間ほど前に一通の招待状が届きました。差出は、あやめの里自治会からです。2010年4月にオープンしたあやめの里入居者さんたちが、あやめの里の一周年を記念して、私たち(法人関係者)を食事に招待してくださいました。
参加費は無料との事。聞けば、「自治会で育てている野菜が、ことのほか地域の方にも好評で路上で販売して頂いたお金があるので、それを活用したい。
」との事。本当にありがたい話です。
お寿司、畑で取れた春菊の御浸し、畑で取れた高菜のお漬物、アルコールも皆さんで持ち寄り楽しいひと時を過ごしました。
みなさんから、どんな思いで「あやめの里」に入居しようと決められたのかなどの貴重な話を聞かせてももらいました。「やっぱり、健康づくりの施設があるのがいい。そんな施設がくっついているところは、なかなか見つからない。」「ちかくに病院があるのも安心の材料だった。」「これまで、集合住宅で住んで近所づきあいも多少なりともあったが、偶然に隣にすむことになっただけ。あやめの里では、共同生活をしようと思う方々が入居される住宅と聞いて決心した。」10.04.24ayame~02.jpg
少人数ながらも夜な夜な語り合いながら、入居後もそれぞれ皆さんが力を寄せ合いながら生活をされているのを感じる機会であり、うまくはいえませんが、人と人との繋がりの喜びと体大切さを改めて教えて頂く機会となりました。
自治会のみなさん本当にありがとうございました。
最後に会長のつぶやきをご紹介・・・。
 「夜中にふと目が覚めて、いろいろ物思いに耽ってみたが、想像もできない宇宙の広さや気の遠くなる時間を経て届く星の光と比べると、先のことをあれこれ悩んでもしかたがたない。」